受験の緊張を和らげる方法

「緊張すると実力を発揮するのが難しい」とよく見聞きしますが、それは「過度」な緊張の場合だけです。その反対の「適度」な緊張というのは、実力を発揮するためには欠かせない要素なのです。
こちらでは受験における過度な緊張を、実力を発揮するための適度な緊張に和らげる方法をご紹介します。

深呼吸をする

人が緊張をしてしまうと自律神経の中にある交感神経が優位に働いてしまい、呼吸が浅くなります。
呼吸が浅くなるとどんなにリラックスをしようとしても緊張をコントロールするのが難しくなってしまいます。

そのため強く緊張を感じた時には、深呼吸をするようにしましょう。呼吸をゆっくり行うことで交感神経に傾いていた自律神経を副交感神経に変えることができますので、過度な緊張を和らげることが可能になります。

不安を書き出す

受験の緊張を和らげるには不安に思っていることを書き出すことも有効的な方法です。脳には、何か作業をする際一時的に記憶を保持する「ワーキングメモリー」と呼ばれる部分があります。そのワーキングメモリーで不安要素が多く占めてしまうと、問題を解く領域が狭まってしまいます。

そうなると本来の実力を発揮することが難しくなります。しかし不安に思っていることを一度外に書き出すことでワーキングメモリーの空き領域は広げることができます。すると、ワーキングメモリーの領域が確保され本来の実力を発揮することが可能になります。

非日常を日常に近づける

多くの人が最もリラックスできる場所というのは自宅や部屋だと思います。したがって、試験する場所を自宅や部屋に近い環境にすることは緊張を和らげるのに有効的な方法と言えます。当然ながらテレビやソファー、ベッドなどは持っていくことができませんが、長年自宅で使っているペンケースやシャーペンなどは持っていくことができます。そのような「非日常」な空間の受験会場を、自分がリラックスできる「日常」の空間に近づけることが過度な緊張を和らげることに繋がります。

緊張は味方につけることで実力を発揮することができますので、受験の緊張に備えたい方はぜひ受験の緊張を和らげる方法を覚えておきましょう。

有備ゼミナールは、多くの生徒の学力向上と志望校合格をサポートする学習です。
これまでに多くの生徒の学力向上と志望校に合格させた実績がありますので、現在口コミ評判を集めています。

有備ゼミナールは雀宮駅が最寄り駅ですので、宇都宮市以外からも通いやすい塾です。また有備ゼミナールでは無料体験料金などのご相談やご質問も承っていますので、受験のための塾を探している、まずは塾に体験入塾したいと考えている生徒は、ぜひ有備ゼミナールで成績向上と志望校合格を目指しましょう。

無料体験受付はこちら
お電話によるお問い合わせはこちら 028-655-2425