我が子は、ご父母ご自身の鏡

この世に生れ出た時から、御父母各位のご子息ご令嬢は、ご両親の一挙手一投足

を食い入るように観察し、模倣し、自分の血肉にして来ました。それが当然の事

だからです。お子様方にとっての最も大切で最も模範となる先生が其処におるの

ですから至極当たり前の反応なわけです。生まれた瞬間から、お子様の行動に

対して、今日は笑ったよ、歯が生えてきたよ、寝返りが打てるようになったよ、

お座りができるようになったよ、沿い歩きができるようになったよ、言葉を発す

るようになったよ、とお子様の小さな変化に、

一喜一憂していたご両親がいたわけです。

こうして楽しい幸せな日々が重なり合いたくさんの思い出とたくさんの

慈愛とで愛情たっぷりの生活を送ってきたわけです。

ですから、この時点でもうすでにお子様のすべては、

ご両親のすべてであるわけです。

好むと好まざるとに関わらず何もかもが瓜二つなわけです。

要するに、Junior なわけです。

ですから、ぶつかるところも似ていますし、

やることなすことがすべてシンクロ状態になります。

うまくいっているときは何も起きません。

何となくうまくいっていない時こそ自分の我がもろに出ますので、

その衝撃も大きくなります。

親子間のコミュニケが上手くいかず、険悪な状況が続いたり

ということが現実的に起こってきます。

そんな時こそご両親各位の気付きの度合いが大きくものを言います。

一歩引きさがって冷静にご自分たちの関係を見直す事で、

親子関係の修復はものの見事に改善が図られます。

ご両親はどんな時でもお子様の最良で最高の教師であり、

コーチであり、同士であるわけです。

これからも幾多の困難と試練と楽しみと幸せとを共に歩む、

ある意味パートナーなわけです。益々素晴らしい親子関係を、

作り上げていくためにも同じ目線で、同じ意識で共に成長し続けられる関係を、

構築していっていただけるよう心よりご祈念申し上げております。

そうした仲睦まじい親子関係に対しての、微々たる支援をさせて頂ける

幸せを頂けたら私たちも望外の幸せです。(頭)

ブログの最新記事

無料体験受付はこちら
お電話によるお問い合わせはこちら 028-655-2425