計算スピード

昨日、少し学習時間が余った方に計算チャレンジを実施。

と言っても、計算問題を決めた時間に何問解けるかの演習なんですが(^-^)

時間を気にするあまり計算が雑になってしまう方が多かったですね。

実際の入試は時間との勝負でもあります。いくら考えが導き出されても、

時間内に解けなければ点数にはなりません。

では計算スピードを上げるにはどうするか?

答えはシンプル。速さを意識して、ひたすら解くこと。

今のスピードから一段ギアを上げる。

途中計算を書いていた部分を少し暗算でやってみる。意識して速く。

もちろんミスも出てくる。しかし、そのスピードで解き続ければ慣れる。

その速さが「普通」になる。計算は演習の積み重ねです。

生まれ持った何かで決まるものではありません。

速くなれば同じ時間でも解ける問題数が多くなってくる。

そうすればさらに多くの問題を、同じ時間内で解くことができる。

それはもうできるから。と、進化を止めていませんか?

部活動を例に挙げると良いかもしれません。

基礎の反復をなぜ繰り返すのか。技術がある方でも基礎練習は必ず行います。

勉強も同じです。

そしてこれもよくある質問ですが、どれだけやればよいですか?

という質問もいただきます。

「できるまでやる」が大切です。何回練習とか回数を数えても

自身が理解していなかったら、ほとんど意味がありません。

やり切りましょう。理解できるまで。

ブログの最新記事

無料体験受付はこちら
お電話によるお問い合わせはこちら 028-655-2425